【体験談】顎変形症による受け口(下顎前突)手術当日の記録②

続きです。

顎変形症の手術が終わった

暗闇で目がさめる

そして手術が終わり

「分かりますかー!?分かりますか?終わりましたよー?」
の声で気付く。

目を全開で開けれず目をパチパチしながら、なんとなく担当医の顔が左側に見え、その後また記憶が吹っ飛ぶ。

( ꒪Д꒪

この時手術室にいたのか病室にいたのか分かりません。

でも暗かったからたぶん病室ですね。

その後やっとまともに目を開けて気付いたのが20時くらいかな?

あたりを見回すと病室でした。

目覚めては記憶がぶっ飛ぶという繰り返しだったかと思います。

ここからが最高に辛かった

※決して脅かしたいわけではありません。ありのままの実体験です。

看護婦さんが何度か来てくれて、私の体を拭いてくれました。

一人ではまともに立てず、くねくねした状態で、手術着からパジャマへ着替えさせてくれました。

そして痛み止めをくれて、点滴しました。

でもこのときにですね、吐き気がMAXになってしまい、吐く寸前までいったんです。

いや、吐きたくても上下の歯をガチガチに固定しているからそれはできない。とんでもないことになる。

けど気持ち悪い!吐きそう!

 

もう無理!!( ꒪Д꒪)アカンやつやこれ

 

必死に看護婦さんにジェスチャーでお願いし、吐き気止めを入れてもらいました。

即効性があったのかすぐに吐き気はおさまりました。

しんどかった・・・・。まじでやばいやつでした。

吐き気は断続的にやってきて、その度にナースコールしていたんですが、看護婦さんが優しくて優しくて優しくて、、、、いまでも感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてまた記憶が吹っ飛ぶ。

おそらく疲れて寝落ちしたのでしょう。

【写真】夜中に起き、やっと冷静な状態になる

目が覚めると夜中。

起きても終始頭痛と顎の痛みと吐き気のエンドレスでした。

術後ほどの吐き気ではありませんでしたが気持ち悪く、とにかくだるかったです。

ここで手術後の写真を載せます。

バンテージ?バンド?巻いてるので腫れの具合がわかりづらいですが、取ると恐ろしいです(・∀・)笑

華には栄養ドリンクを入れるためのチューブ。

口の両サイドから出ているチューブは手術で切ったとこからの出血を出すためのものだそうです。

このチューブの先のケースには自分の血が溜まっていて、それを1日中ぶらさげていたので生々しかったですね笑

吐き気と頭痛が半端なかったのですが、なんとか手術を乗り越えることができました。

術後が大変って聞いていたけど、本当に大変でした。


自分に合った矯正歯科を見つけるために

矯正期間は1年や2年と長期間かかるから、できるだけ信頼できる先生に任せたいですよね。

相性はもちろん、ちゃんと自分の思いを汲み取ってくれる先生かどうかもとても大切です。

私自身、矯正歯科選びに関してはこれでもかってくらい検索して、実際に出向いて、いろんな先生と合ってきたので、矯正歯科選びの大切さを痛感しました。

ただ、1つ1つを探していくのも大変。

そんなとき、少しでも矯正歯科選びが楽になるのが矯正歯科専門サイト『e-矯正歯科.com』“”です。

全国の矯正歯科の情報や良い口コミ・悪い口コミ、両方の口コミを
を見ることができるので、効率良く検索することができます。

もし少しでも「ここの矯正歯科に行ってみようかな」と思ったらまずはカウンセリング。

合う合わないは、実際に先生と会話をしないとわからないので、実際に会いに行って、いろんな先生のお話を聞いてみてください。

>>矯正歯科医院検索や口コミ閲覧ができるポータルサイト『e-矯正歯科.com』を見てみる